雛人形の由来

 雛祭りのはじまり

ひな祭りの ひな祭りは端午、七夕をはじめとする五節句の一つで、中国伝来の風習です。古代中国では3月の最初の巳の日に水で体を清め、厄を祓うという祭りがありました。

その「上巳の節句」が日本に伝わったのと、日本に昔からあった人形(ひとがた)に厄を移す風習と一体となって雛祭りの原型が誕生しました。

平安時代になると祈祷師を呼んで祈りをささげ、人形をなでて厄を移し、供物を備えて水にながすという祭りが毎年行われるようになりました。

 時代とともに移り変わる雛祭り

時代とともに移り変わるひな祭り

平安時代になると、上流階級の女子の間で「ひいな遊び」という、紙で作った人形と家財道具に似せて作ったおもちゃを使った“ままごと遊び”が盛んに行われていたようです。

当時の随筆や物語にもそのような場面が登場します。そして、室町時代ころになると3月3日に祭りの日が定まってきたようです。

江戸時代になると、宮中行事として雛祭りが取り入れられるようになりました。幕府の大奥でも取り入れられました。

一方、このころになると庶民にも雛祭りが広まり、女の子の初節句を人形を飾ってお祝いする形が生まれました。

江戸時代初期は内裏雛一対だったものが、江戸中期には段飾りが登場し、三人官女をはじめとした雛人形や雛道具の数が増えていきました。絢爛豪華さを競っていた時代であり、このころの様子は大分県日田市の天領日田おひなまつりで垣間見ることができます。

明治以降になると雛祭りは農村部まで広くいきわたることとなり、大きく普及し現在にいたっています。

現在の雛祭りはキャラクターものの雛人形や、ヘアスタイルも現代風のものなどが出てきています。その他、置き場所に合わせたコンパクトなものや、ケース入りのものなど、雛人形も好みに合わせていろいろと選べるようになってきています

祝い方も現代ではケーキなどでお祝いをしたりと、ライフスタイルに合ったお祝いの方法が定着しているようです。

 


トップに戻る

雛人形サーチ

雛人形サーチフッタ