形代(かたしろ)




形代かたしろ 古代から日本人は、人形を作り、祈りを込めていたことは、多くの出土遺物から明らかになっています。
平安時代になると、人々は3月上巳の日(3月はじめの巳の日)に人間の形をした形代(かたしろ)や人形(ひとがた)を作り,それで身体をなでたり息を吹きかけたりして身のけがれや災いを移し、川や海に流し捨てたのです。
「形代(かたしろ)」は、身代わり信仰の一つで、人間の身代わりとして3月の上巳の節句に身のけがれや災いを人形(ひとがた)に移し代わらせて、川や海に流して子どもが無事に成長できるようお祈りするものでした。

この形代の祓い行事が現在も行われる流し雛の由来であり、雛人形の起源の一つです。この3月上巳の日がやがて流し雛室町時代ごろに3月3日に定まっていきます。

形代の素材は、木や紙や草が使われ、それを川や海に流すことで禊祓(みそぎはらえ)が成立しました。

形代の流れが分化したものと考えられるのが「天児(あまがつ)」「這子(ほう こ)」と呼ばれる人形です。

これは子どもが生まれた時に贈られる身代わり人形 です。

子どもが無事に育つよう願いを込められたこの人形は、三歳を迎える迄 枕元に大事に置かれ成長を見守りました。

子どもの災厄を引き受けるという呪術的 要素を多分に含んでいたのは言う迄もありません。

  天児(あまがつ)、這子(ほうこ)

形代や人形とは別に、天児(あまがつ)と這子(ほうこ)と呼ばれる人形が平安時代に登場します。
これは幼児の形代の役目を果たすもので、幼児の身近に置き、幼児にやってくる災いをそれらに移しました。

貴族の間で行なわれていたこの行事は、江戸時代になると一般の人々の間にも広がりました。さらに天児を男の子に這子を女の子に見立てて飾るようになって、後に天児の姿は立雛の男雛へ、這子の姿は立雛の女雛へと変化し、雛人形の起源の一つとなりました。

あまがつ
【天児】(あまがつ)

天児は幼児の守りとしてその枕もとにおいた「かたしろ」の一種で平安期の貴族家庭で盛んに用いられた。
白絹(練絹)の丸い頭をつくり、目、鼻、口と髪が描かれている。 これに衣裳をつけて飾り、幼児を襲う災いや汚れをこれに負わせる。
ほうこ
【這子】((ほうこ)

這子
は、天児と同じころから、同じような目的で登場したもので「白絹の四隅を縫い合わせて綿を入れ腹の部分でくけて胴にすると、四隅が手足となる。
目鼻口を描き、男の子のものは口を開かないように、女の子のは口を開いているように描く」(室町時代「御産之規式」)とあり、頭には絹糸の黒髪を垂らし、金紙で束ねてある。縫いぐるみ人形の原形である。

 立雛(たちびな)、紙雛(かみびな

立雛は、天児(あまがつ)が男子、這子(ほうこ)が女子とされ、一対の立雛の原型となったと言われています。

人形文字が「ひとがた」から「にんぎょう」と呼ばれるようになったのは、中世の頃からと言われています。
また、「ひひな遊び」も「ひいな遊び」から「ひな遊び」へと変化していきました。

紙雛は、この頃に登場し、室町風俗を写したものと言われ登場するのがこの頃で、男雛は烏帽子、袴に小袖を左右に広げ、女雛は袖を前に重ねて細幅の帯姿の形でした。紙雛といいますが、素材には布地などを用いるようになりました。
・ ボデイーの部分は平面的な造りなので、ひとりで立つことは出来ず、雛壇や屏風に立てかけて飾っていました。
・ 形代(かたしろ)から変化したという立雛は、座り雛とは基本的に流れが異なると考えて良いと思います。

 

 室 町 雛

これらは幼児の枕辺に置かれ、上巳の節句に使用され、病気や災難を払い、無事な成長を祈るために利用されました。


トップに戻る

雛人形サーチ

雛人形サーチフッタ