良くある質問とその答え

お雛様の購入に際して、お客様より色々なご質問をいただきますが、ここでは良くあるご質問をまとめてみました。

Q:雛人形をしまうのが遅れるとお嫁に行くのが遅くなるって本当?

 
【答え】
このお話はあくまでも昔の人が雛人形をいつまでも飾っておくとだらしがないので、戒めの為にこんなお話をしたのだと思います。しまう時は必ず晴れた日にしてくださいね。
そうしないと雛人形が傷んでしまいます。
やはり季節に出して、季節にしまう。面倒だから飾らないのは良くないですね。

Q:お払いって何?

 

【答え】
お払いって何むかしは良い医者や薬が少なかったので病気にかかって亡くなることが非常に多かったのです。
特に生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力がないため亡くなることは珍しいことではありませんでした。
だから、どこの家でも赤ちゃんが生まれると、人形を飾ってその人形に赤ちゃんの病気やケガの身代わりになってもらおうと考えていたのです。

Q:雛人形はどんな形に飾ったら・・・

 

【答え】
どんなお雛さま?お人形屋さんで販売されている雛人形には色々な形や大きさがありますが、お雛様を飾るという意味ではどれも同じです。
場所や予算によってお選びください。
お雛様は結婚式の場面です。我が子がこんな結婚式を挙げてほしいという親心から発達してきたものです。
お供の人形や道具が多いほど豪華には見えますが、子どもの誕生を祝って買ってくれた親心には変わりはないと思います。

 

Q::赤い布を敷くのはなぜ?

 

【答え】
むかし中国では、赤は魔よけの色でした。
神社の柱が赤く塗られているのも、また橋が赤く塗られているのも全て悪魔、つまり病気や地震や火事のような悪いことが起こりませんようにといった魔よけの意味があってされたことだったのです。
ですからむかしの赤ちゃんは、男でも女でも赤い産着を着ていました。
それで雛人形にも悪魔が近寄らないように赤の毛氈(もうせん)を敷いたというわけです。


トップに戻る

雛人形サーチ

雛人形サーチフッタ