木目込み(きめこみ)雛人形

「きめこみ」という言葉を聞いたことがございますか?「木目込み」と書きます。
雛人形の中には「木目込み」という独特の方法で作られるものがございます。
ここでは、木目込み人形についてその独特の作業工程をご紹介します。
木目込みとは?  

木目込み人形とは、桐糊(桐の粉を糊を混ぜたもの)を固めたボディに溝を掘り、そこに金襴や友禅などの布地をヘラで入れ込んで(木目込む)着せ付けていく、お人形のことです。

1740年頃、京都の上賀茂神社の祭事用柳箪(奉納箱)を作った職人がその残片で木目込人形を作ったのが始まりであるとされ、300年近い歴史を持つ伝統のある人形です。

 木目込み(きめこみ)雛人形の出来るまで

原 型 作 り  
木目込み原型作り
木目込み人形の原型は粘土で作ります。
原型を木わくの中に入れ、樹脂などを流しこんで人形の型を取ります。
この型を「かま」と言います。
「かま」は、原型の前半分と後ろ半分の二つを作ります。
か ま 詰 め  
かま詰め

「桐粉」に「しょうふ糊」を混ぜて作った「桐塑」を「かま」の中に詰めて
ボディを作ります。
前後のかまに桐塑を詰め終えたら、前後を合わせて一本にします。

ぬ き  
ぬき

押さえつけたかまを上から軽くたたくと、上半分のかまがはずれます。
下のかまからボディを取り出す前に、はみ出した部分を竹べらで取り除いた後、下のかまを横にしてボディを取り出します。

木地ごしらえ  
木地ごしらえ

よく乾燥した後、ボディに生じる凹凸やひび割れは、竹べらを使って桐塑で補整したり、やすりできれいに補修したりして完全なボディに仕上げます。

胡 粉 塗 り  
胡粉塗り

胡粉(貝殻を焼いて作った白色の顔料)をにかわで溶かしてボディに塗ります。
ボディの生地を引き締め、くずれやすさを防ぐとともに、
筋を彫りやすくするための作業です。

筋 彫 り  
筋彫り

胡粉が乾いたら、布を木目込んでいくための溝作り(筋彫り)をします。
仕上がりの良し悪しに影響するポイントとなる作業のため、彫刻刀を
使いていねいに彫ります。

木 目 込 み  
木目込み

溝に糊を入れ、型紙に合わせて切った布地を目打ちや木目込みべらを使って、
しっかりと木目込みます。

面 相 書 き  

面相とは、人形の顔形のことで、この顔形を書くことを面相書きといいます。
人形の顔は、商品の価値や個性を決める大事な作業になりますので、
慎重に丁寧に面相書きが行われます。

仕 上 げ  

ボディに頭や手を取り付け、髪の毛をブラシで整え、全体をよくながめて
不出来な部分が無いかを細かく確認して仕上げます。

 目込み人形の魅力

木目込みは作者の独創性があらわれ、それが個性となって人気を呼んでいます。
また、その落ち着いた雰囲気から大人の人形ともいわれます。
個性豊かな木目込み人形の魅力をお楽しみください。木目込み人形の一覧はこちらから
 

トップに戻る

雛人形サーチ

雛人形サーチフッタ