ちょっと面白い鎧のおはなし 

鎧の様々な工夫鎧には矢による攻撃を防ぐための様々な工夫がなされています。右脇の下のすき間を防御する栴檀板(せんだんのいた)は何枚かの小札(こざね)を組み合せて作られているため、自由に曲がり、弓を引いたり、太刀を振るう時邪魔になりません。また、弓を引く時には敵に左半身を向けるため、小さな盾のような鳩尾板(きゅうびのいた)で左脇を防御できるようになっています。



トップに戻る

雛人形サーチ

雛人形サーチフッタ