端午の節句の由来 

端午の節句奈良時代、宮廷では五月五日を菖蒲の節会(せちえ)と言って、天皇の前で武術を競ったり病気や災いを祓う日でした。
鎌倉・室町時代になると、鎧・兜や刀・槍などの武具を飾って、武運長久や立身出世を願う武家社会の儀式となります。その儀式が江戸時代の中期には、町人文化として広まり、男の子が生まれると武具を飾り、子供の健やかな成長を祝う行事となりました。



トップに戻る

雛人形サーチ

雛人形サーチフッタ