雛人形の選び方
 

雛人形の選び方

雛人形を選ぶ前にしておくこと

雛人形を選ぶ前にまずしておくことがあります。

一番重要なのは飾りたい場所の寸法をきちんと測っておくことです。
段飾りになれば奥行きもかなりありますので、あらかじめ飾る場所を測っておくことで、雛人形選びの条件の一つと
なり、よりスムーズに品定めが進むと思います。

次に収納場所が確保できるかどうかという点です。これも確認しておきたい点です。

 

雛人形の種類 その長所と短所

七 段 飾 り

 

親王、三人官女、五人囃子、随身、仕丁の十五人が揃った豪華な雛人形です。人形は上から五段目までに配し、六段目・七段目は蒔絵の雛道具を飾ります。金屏風と緋毛氈(ひもうせん:赤い敷物)で飾るのが一般的です。最近は木目を活かした木製のものもあります。

7段飾り<長所>
大きな長所の一つは、お子さんが物心ついた頃に、たくさんのお人形が並んでいる姿にとても喜ばれるという点があります。また、一人一人の表情を楽しむことができたり、豪華な雰囲気を楽しむことが出来るのも特徴の一つです。

<短所>
場所を取るところが一番の短所といえます。収納スペースの確保も必要となります。

<こんな方に>
飾るスペースをとっていただける方であれば大丈夫です。毎年節句には飾ることが出来る方にはおすすめです。

三 段 飾 り

 

親王、三人官女の五人で飾る雛人形です。三段目には雛道具が飾られます。屏風や台にはいろいろな種類があります。木製のものが主流でしたが、金屏風・緋毛氈のものも増えてきています。

三 段 飾 り<長所>
飾りつけが簡単です。木製段を使うと高級感もあります。
見た目ほどスペースを取りません。

<短所>
意外と収納スペースが必要となります。

<こんな方に>
毎年飾ったりしまったりが大変と思われる方には最適です。

親 王 飾 り

 

お殿様とお姫様だけで飾る雛人形です。付属品としては屏風、雪洞(ぼんぼり)、三宝、桜橘または紅梅白梅などです。こちらも木製のものと金屏風・緋毛氈のものがあります。

親王飾り<長所>
飾るスペースが少なくて済みます。小さいものは幅60センチ、奥行き30センチ以下のものもあります。収納も場所を取らなくて良いメリットがあります

<短所>
華やかさや豪華さを志向しなければ特別にありません

<こんな方に>
アパート・マンションにお住まいの方や、飾るスペースが限られている方には最適です。

収 納 型

 

収納箱がそのまま台になり、箱から出してそのまま飾れる雛人形です。最近人気のある形です。

収 納 型<長所>
飾りつけが簡単で、飾るスペースが少なくて済みます。収納も場所を取らなくて良く、そのまま収納できますので簡単です。

<短所>
華やかさや豪華さを志向しなければ特別にありません。収納箱のサイズが確保できれば大丈夫です。

<こんな方に>
アパート・マンションにお住まいの方や、飾るスペースが限られている方には最適です。

ケ ー ス 飾 り

 

ケースの中に雛人形やその他の飾り物がすべて入った形です。

ケ ー ス 飾 り<長所>
箱からだせば飾り付け完了という簡単さ。ケース入りなので人形にほこりもつきません

<短所>
ケースをそのまま収納するため、収納スペースを意外ととります

<こんな方に>
ゆっくり飾るお時間が取れない方には最適です。

木目込み人形

 

かわいい童顔に木目込みのボディを組み合わせた雛人形です。衣裳着は人の形を忠実に模写したものに対し、木目込みは作者の独創性があらわれ、それが個性となって人気を呼んでいます。また、その落ち着いた雰囲気から大人の人形ともいわれます。

木目込み人形<長所>
独特の芸術性や作家の個性があり、上品さがあります。形くずれの心配がなく、飾りつけの面倒さもありません。

<短所>
華やかさを志向される方にはあまり向きません

<こんな方に>
飾るスペースに限りがあるアパート・マンション住まいの方や、おしゃれで落ち着いた雰囲気が好きな方

 

トップに戻る

雛人形サーチ

雛人形サーチフッタ