初節句の祝い方

 初節句の祝い方

初節句のお祝いの仕方は?

 

昔は親族一同集まってお祝いしていましたが、最近では家族だけでお祝いする場合も多いようです。
お祝いの仕方ですが、自宅でお祝いする場合はちらし寿司と蛤のお吸い物、白酒、桜餅、草餅などの雛祭りらしい料理を用意するのが一般的です。

ただ、お祝いする気持ちが大切ですので、ちょうどイチゴのシーズンでもありますのでイチゴを使ったケーキなどでお祝いをするのもいいかもしれませんね

雛祭りの縁起物の食材

 

ひな祭りには縁起物の食材でお祝いしたいですね。以下に食材のリストがありますのでご参考いただければと思います。

はまぐり・・・・・・・・・・・ 女の子の美徳と貞節を意味する定番
鰈(かれい)・・・・・・・・ なぜか、京都の雛祭りに使われるらしい
い か・・・・・・・・・・・・ 理由不明ですが縁起がいいそうです
たにし・・・・・・・・・・・ 理由不明ですが縁起がいいそうです
あさりなどの貝類・・・ はまぐりに通 じる代用品
よもぎ・・・・・・・・・・・・ 薬効があり、菱餅の緑に使われます。
     

赤い被布を着せる

 

古来より初節句には、縁起を担いで、赤ちゃんに赤い被布(ひふ)を着せてお祝いしました。赤は、生命力の象徴で魔よけになると考えられていました。初節句の際はぜひとも赤ちゃんに被布を着せてあげましょう。

 

親戚・知人からお祝いを頂いたら?

 

親戚・知人からお祝いを頂いたら、子どもの名前で内祝いとしてお返しをします。 お返しは当日より1週間以内にお礼状とおめでたいお菓子やお赤飯を添えて送るのが一般的です。 不安な時は進物店に問い合わせてみましょう。
弊社ギフトショップ:【初節句の内祝い通販ルメール】

 

トップに戻る

雛人形サーチ

雛人形サーチフッタ