ポイント

雛人形を見栄え良く、正しく飾る事は大切ですが、ひな祭りの期間中以外は、ほとんどが収納されているおひな様飾りですから、カビや虫食いなどにならないように、きちんと収納していつまでもきれいなお雛様のまま保管するすることが大切です。 ここでは収納のポイントをお話しします。。
 

収 納 時 期

 

「ひなまつり」が終わったら、雛人形はすぐにしまうようにします。いつまでも出したままにしておくと、お人形を痛めてしまうことになります。

収納するタイミングですが、お天気の悪い日は空気中の湿気が多いため、カビの原因となり おひな様が汚れてしまう場合がありますから、お天気が良く空気が乾燥した日にしまうようにしましょう。

婚期が遅れるということも昔から言われていますが、これは子どもに「後片付けは早くするもの」という習慣を教えるため、という説もあります。
実際に婚期が遅れた人はいないようですので、ひな祭りが終わって晴れた日にしまうと覚えておきましょう。

 

収納時のポイント

 

収納の順序】

飾った逆の順にしまうようにする(下の段から)と早く収納することができます。

【ほこりを掃う】

まずは、筆のほぐれたものや毛ばたきでお人形の顔や着物・持ち道具についたほこりをよく払いましょう。

ひな人形のほこりを取る


【お人形の顔に触らない 】

飾ると同様に、人形の顔と手に直接手を触れないように気をつけましょう。
おひな様の白いお顔に手の油が指紋の形で浮かび上がったら最悪です。おひな様は顔が命です。

ひな人形は顔が命

【お人形の持ち物を外す】

おひな様の持ち物はとても小さいので、なくしてしまいやすいものです。
段毎にまとめてビニール袋等に入れ、どの段のものかを袋に記してしまっておくと、次に飾るときに便利です。

持ち物は外して決まった袋に

【やさしく包んで】

お人形の顔は綿や柔らかい布で包みます。ティッシュペーパーでもOK。髪に注意しながら、ふんわりと軽く包みます。 型くずれさせないよう、胴体も紙か布で包んでおくようにします。着物のすそ部分はシワになりやすいので注意しましょう。

うす紙などで守りましょう


【箱への納め方】

お人形を箱の中に納めるときは、隙間にうす紙等のやわらかい紙を丸めて詰め、中で動かないようにします。

ぶつからないようにうす紙を使いましょう


【防虫剤】

直接お人形に触れないよう注意して、箱の上部に入れるようにします。防虫剤はお店で指定されたものを使うか、ホームセンターなどで人形専用の防虫剤として販売されているものを使用しましょう。 防虫剤は専用の物を


【収納場所】

極度に乾燥したり湿気の多い場所は避けて保管します。 室内温度が高くならない、寒暖の差が少ない場所。
直射日光が当たらない、風通しがある場所が、おひな様の収納に最適な場所。
押入の上段や天袋などの高い場所がいいですね。

 

トップに戻る

雛人形サーチ

雛人形サーチフッタ